展覧会
画業60年のかわいい伝説 花村えい子と漫画展
2023.2.11

少女マンガのパイオニアとして
生涯現役を貫いたマンガ家・花村えい子(1929-2020)。

大きな瞳にキラキラの星、カラフルな髪の色をはじめ、現在に至るマンガの少女像の原型を創りだしたひとりです。
©Eiko Hanamura


女子美術大学で学んだ花村は1959年、マンガ家としてデビュー。
かわいい女の子のイラストは文房具のキャラクターとしても起用され、少女たちの心をつかみました。

©Eiko Hanamura


また、読者層の成長に合わせ、抒情的なマンガから『源氏物語』をはじめとする古典文学マンガ、ドラマの原作にもなった代表作「霧のなかの少女」など幅広い活動をしました。

©Eiko Hanamura

本展では、花村のマンガ原画や当時の掲載誌等の貴重な資料に加え、交流のあったマンガ家たちの資料も展観します。
いつまでも色褪せない花村えい子の世界をお楽しみください。


【会期】 2023年2月11日(土)~4月9日(日)
【休館日】 火曜日(ただし3月25日~4月6日は無休)

【開館時間】 9:30~17:00(最終入館16:30) 
【会場】 香美市立やなせたかし記念館・詩とメルヘン絵本館

【入館料】一般450円/中高生200円/小人100円
 ※アンパンマンミュージアムとの共通券あり

【展示作品】 漫画原稿、当時の掲載誌等の資料、交流のあったマンガ家が展覧会に寄せた作品 等
【関連イベント】 ぬりえワークショップ(予定)

【主催】 公益財団法人やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団
【協力】 株式会社アトリエえい子、産経新聞社

開催中の展覧会
展覧会一覧を見る