やなせたかしについて

1919年2月6日、東京生まれ。父母の郷里である高知県で育ちました。
終戦後に三越宣伝部に入社し、包装紙「華ひらく」のレタリングなどを手がけました。
漫画家として独立後は、ニッポンビール広告漫画「ビールの王さま」をはじめ
多数の連載漫画を手がけるようになりますが、
ストーリー漫画の興隆により漫画の仕事は徐々に減少。
1960年代にはテレビ・ラジオ番組の構成や舞台の美術監督など
多様な創作活動を行うようになり、マルチタレントと評されるようになります。
その中でいずみたく作曲、やなせ作詞による「手のひらを太陽に」を発表。
多くの作詞を手がけたやなせ最大の代表作となっています。
1969年、50歳の時に雑誌「PHP」にて「アンパンマン」を発表。
1988年にはアニメ「それいけ!アンパンマン」の放送が開始され、
その登場キャラクター数(1768体)はギネス世界記録に認定されました。
以後も精力的な活動を展開していましたが、
2010年頃に目が悪くなったことを理由に引退を考えます。
しかし、東日本大震災に遭遇して引退発言を撤回。
被災地に送るポスター制作など多数の支援を行いました。
2013年10月13日、94歳で永眠。
「人生は喜ばせごっこ」という自身の言葉の通り、
「アンパンマン」を始めとする多くの創作活動、
そして自身の人柄を通してその精神を体現し続けたのです。

漫画家として

漫画家を志していたやなせたかしがその活動に本腰を入れるきっかけとなった4コマパントマイム漫画「ビールの王さま」。漫画家としての代表作を模索中に漫画賞に応募して受賞した「Mr.BŌ」。その他、「とべ!アンパンマン」や「おたすけかめん」「リトル・ボオ」などの連載漫画を手がけた。商業漫画としてではなく自身のための漫画として描き続けられた。

絵本作家として

企業グラフィックデザイナーから漫画家に転じた頃、漫画の世界は新たな時代を迎えていた。そんな中、ラジオのドラマ用に作成したシナリオ「やさしいライオン」が絵本化される。以後、絵本の出版部数が多くなり、「アンパンマン」シリーズをはじめ「チリンのすず」「そっくりのくりのき」「ガンバリルおじさん」シリーズなど現在も読み継がれている作品は多い。

詩人として

仕事や健康について悩み迷い続ける中、代表作「てのひらを太陽に」がうまれる。この時の作曲家いずみたく氏とコンビで「0歳から99歳までの童謡シリーズ」を発表。 また、代表作をおさめた詩集「こどもごころの歌」を自費出版した後も詩を書き続け、本にまとめて刊行された詩集「愛する歌」「希望の詩集」「人間なんておかしいね」などは現在も版を重ねている。

編集者として

詩と絵と漫画を絵本形式でまとめ、作品は読者からの投稿掲載を主体とした雑誌「詩とメルヘン」を創刊させる。幼少期に親しんだ抒情の世界を織り込み、大衆芸術を豊かなものにしたいという願いを込めた。また、子どもからの投稿が増えたためうまれた姉妹誌「いちごえほん」、アーティストを志す人々の手引書としてうまれた「イラストレ」を創刊させた。これらの雑誌から、多くのアーティストが育まれ活躍している。

デザイナーとして

戦後、描くために上京してグラフィックデザイナーとなる。ポスターをデザインしたり社内報に挿絵を掲載したりしていた。「mitsukoshi」のレタリングはこの頃。漫画家を志した後も、舞台美術やアニメ映画「千夜一夜物語」の美術監督・キャラクターデザインを手がける。官公庁の事業や民間の商業告知の一環としてのキャラクターデザインも担当するようになり、現在も各方面で「やなせキャラ」をみかけることができる。

歌手として

書きためていた詩をまとめて詩集を刊行した折などに、朗読会やコンサートを開催した。近年では、自作自演のミュージカルを披露することもあった。ミュージカル用に作詞作曲した作品を自身で歌いあげるCD「ノスタル爺さん」を発表し、CDデビューを果たした。

やなせうさぎとは?

やなせたかしが自画像がわりに描いているキャラクター。やなせたかし記念館別館のロゴマークにもなっている。 「ぼくはヒツジ年ですから羊でもよかったのですが、描きにくい。兎は描きやすい。それに臆病で逃げ足が速く闘争心がない。闘う武器がない。そのへんがいいなと思ってサングラスかけたやなせ兎をつくりました。」(やなせたかし)

ページの先頭へ戻る