施設案内

詩とメルヘン絵本館

詩とメルヘン絵本館は、雑誌「詩とメルヘン」の創刊以来、
やなせたかしが手掛けてきた表紙のイラストやカットを一堂に集めたギャラリーです。
小さいけれど、夢や喜び、愛、涙、そしてやさしさがぎっしりとつまった、
アンパンマンミュージアムとはちょっと違った、もうひとつの「やなせワールド」なのです。
好きなものは好きと言おう。
悲しいときは涙を流そう。
嬉しいときは笑っていよう。
そのままの思いを伝える、心のギャラリーです。

雑誌「詩とメルヘン」について

詩と絵と漫画が好きだから・・・
やなせたかしの一途な思いから生まれた月刊公募誌「詩とメルヘン」。
「この雑誌から優秀な才能が続々と育っていくのを見るのは
何ものにもかえがたい喜びでした」
1973年の創刊から2003年の休刊にいたるまで、30年間で通算385号。
育っていった人たちは、タンポポの綿毛のように風に乗って
いろんなところへ飛散していって美しい花を咲かせた。
「この本はちょっとふしぎな本です。
非常に個人的な偏見と趣味に偏してつくられています。
すべて読みやすくということが主眼で大きな活字でザックリと組みました。
読者層は十才から九十才ぐらいまでを対象にしました。
本職の詩人もいますが、大部分は全くの無名の人の詩を、ガリ版刷りの同人誌や、
手描きの詩集からひろいあつめました。
この本ははじめからものすごく大量に売れることはないと覚悟して、
わがままに自由につくってありますが、それでもできるだけのぜいたくをしました。
商業主義に毒されたくはありませんが、全く売れなければ一号だけでつぶれます。
一万部売れれば収支トントンで次号がだせます。
さて、どうなりますことか。あなたは買いますか?」

雑誌「詩とメルヘン」

(「詩とメルヘン」創刊号編集前記より)

雑誌「詩とメルヘン」

雑誌「詩とメルヘン」ゆかりの作家

  • 浅野勝美
  • 浅野桂子
  • 味戸ケイコ
  • 東逸子
  • 甘夏幸枝
  • 雨宮尚子
  • Aya.ca
  • あわたえりこ
  • あんね・さんじゃがーな
  • 石井麻由美
  • 磯貝裕美
  • 井上直久
  • 岩崎千夏
  • 詩村あかね
  • 内城文惠(まっしろ)
  • 内田新哉
  • 宇野亜喜良
  • 梅川紀美子
  • 榎本晴美
  • エムナマエ
  • 遠藤あんり
  • 大江ありす
  • かみおひとみ
  • おおた慶文
  • 大西秀美
  • 大浜かこ
  • 大柳喜美枝
  • 小川エリ
  • 奥田みき
  • おぐらひろかず
  • 金沢まりこ
  • 菅間圭子
  • 角田九十九(岩尾別ぴりか)
  • きたのじゅんこ
  • きのゆり
  • 金色冬生
  • くぼた啓(くぼたかこ)
  • 黒井健
  • 小口郁子
  • 小谷智子
  • 後藤貴志
  • こみねゆら
  • 小山奈緒
  • 斉藤きよみ
  • さいとうじゅん
  • しみずやすこ
  • 隅川直美
  • 染野千鶴
  • 高田美笛
  • たけだあきこ
  • 田口智子
  • 田崎トシ子
  • 田沢春美
  • 内藤靖子
  • 永倉万里江
  • 永田萠
  • 中村豪志
  • なみきたけあき
  • 中沢瑞枝
  • 橋賢亀
  • 蓮田千尋
  • 橋本圭一
  • はせがわゆうじ
  • 畑典子
  • 羽多野典子
  • 早川司寿乃
  • 早坂由他
  • 林静一
  • 樋上公実子
  • 樋口裕子
  • 服部由一
  • ひびきゆう
  • 平岡あみ
  • 平岡淳子
  • 広野多珂子
  • 深野天
  • 藤江真紀子
  • 藤田夏代子
  • 堀江祐理子
  • 牧野鈴子
  • 松永禎郎
  • 松本忠
  • 三宅洋一
  • 宮崎照代
  • 目黒直子
  • 弥雲智
  • 安江恵美
  • やまうちけい
  • 山内よう子
  • 葉祥明
  • ようふゆか
  • 渡辺藤一
ページの先頭へ戻る